フィラデルフィアで行なわれた調査によれば、結婚許可証を求めた

フィラデルフィアで行なわれた調査によれば、結婚許可証を求めた時点で、カップルの四組に一組は、同じ市内の近接するこプロック以内に住んでいたという。相手との距離の大ききと結婚成立数は、どうやら反民例する関係にあるらしい。石坂浩二の『スーパーアイ』というテレビ番組で、ちょっと変わった実験が行なわれたことがある。男性ひとりと二人の女性、あるいは女性ひとりと二人の男性でしばらく雑談してもらい、どっちのどうしたら、彼女に近づけるか相手に好感を持ったかをたずねるという内容のものだった。ただし、話し相手となる二人の女性や男性はそれぞれ距離を変えて、近くの席と遠くの席に座っている。その結果、いずれの場合にも近くにいる相手を好ましいと思ったという。つまり、単純に近くにいるというだけで、男女の仲は近くなるのである。こうしたデタを参考にすれば、おのずと作戦は決まってくるだろう。アタックしたい彼女と同じクラブにはいったり、同じクラスなら隣りの席に座ったりするのはもちろんのこと、同じ沿線へ引っ越すくらいはしてみてもいい。朝夕の通学や通勤で毎日のように同じ車両に乗りあわせていれば、イヤでも親近感が生まれてくるというものだ。飲み会などで遅くなったときは、二人っきりの時聞がより長く感じられるだろう。また、コンパの席などでも、意中の彼女の近くの席をとるようにすることだ。恋愛感情は鉢植えの花のようなもので、毎日水をやらなければ枯れてしまう。いつも近くにいて毎日のように顔を合わせてこそそこから恋愛の花が咲くことだってあるのだ。遠く離れて、たまに会うだけでは、意中の女性を近くにいる男性に奪われかねない。*意中の女性ともっと親密になるには、思い切って敏女と閉じ沿線に引っ越してみる*コンパなどでは、なるべく彼女の近くに席をとるようにして彼女との距離を近づけ、話しかけるロなぜ、自分のことをいろいろ打ち明けても、彼女はのってきてくれないのか人は、好意をもっている相手でも、最初のうちは距離をおこうとする素敵な女性にめぐり会ったとたん、それだけで舞い上がってしまったことはだれにでもあるだろう。ひたすら押しつけがましく自分を売り込み、いきなり電話番号を聞き出そうとして嫌われてしまう男性も少なくない。そういった男性の気持ちはわからないではないが、これは性急にすぎるというものである。仕事をするとき、初対面なのにいきなり、これはいくら、こんなサービスもつきますと商談にはいる人はいないだろう。