ナンパするときは、女の子の扱いのうまい男性や二枚目を連れてい

ナンパするときは、女の子の扱いのうまい男性や二枚目を連れていくと、より勉強になる”なぜ、昼のデートより夜のデトのほうが親密になりやすいのかふだんの生活とかけ離れた場所ほど、。ふっ、つの関係。も。特別な関係と感じやすい「今度飲みに行こうよ」という誘いは、いまではごく当たり前のことなのだが、昔は、せいぜい「お茶でも欽みませんか」だった。夜のデトにいきなり女性を誘うなんてことは、大胆きわまりない行為でさえあった。ところが、最近は、ちょっとオシャレな居酒屋やパーでは、女性の数に圧倒されてしまうくらいだから、抵抗なく、いきなり夜のデトにも誘えるようになったのであろう。太陽が光り輝く昼を日常とするならば、陽が沈んで聞に閉ざされた夜は非日常ということになる。それほど、夜には神秘的でロマンチックな雰囲気があるのだ。その証拠に、エレベーターや密室などの狭い空間で、突然停電が起こった場合、聞のなかでは自分のすぐ隣りにいた人に親近感を持ちやすいという実験結果があるくらいだ。何もかもが自由なように感じられる現代でさえ、恋愛というものには多少のうしろめたさがある。夜のネオンや閤は、その理性を取り去って、うしろめたさをなくしてくれるのだ。だから、やはり「お茶」よりも「飲みに行こう」のほうが二人のデトもうまくいく。夜の非常性のため、。ふつうの関係も8特別な関係。と感じられるので、昼間にははいりにくいホテルも、夜ならはいれどうしたら、披女に近づけるかるのである。このように、たしかに夜の非常性は二人をロマンチックにさせてくれるのだが、昼の世界にもこうした非日常的な空聞がある。遊園地や映画館などがそのいい例である。もっと生活範囲レベルでいえば、公の場であるオフィスのなかにも隠された非日常的な空間がある。エレベーターやコピ!室、給湯室や階段などがそうである。彼女をデトに誘うなら、こうしたオフィスのなかのH夜スポット。を利用することだ。日ごろは何も感じていないPふつうの関係も、。特別な関係。と感じやすいので、誘いにものりやすくなる。るのよ」とやっつけられるのがオチだ。その点、オフィスでの仕事中に「今夜時間ある?」などと誘っても、昼の理性に「何パカ言って昼間の。夜スポット。を利用して彼女を誘うのに成功したら、今度は夜の聞を味方に彼女を口説けばいい。「五時まで男と五時から男」ではないが、昼間オフィスで会っているだけではわからない意外な素顔を、夜なら、彼女に垣間見せることもできる。