まず挨拶からはじまって、共通の知り合いの話や世間話などをして

まず挨拶からはじまって、共通の知り合いの話や世間話などをして、信用できる人聞かどうか、今後つきあっていってもいい人聞かどうかをたがいに探り合うものだ。人間関係にはか距離の法則。というようなものがある。おたがいに、生まれ育った環境や現在おかれている状況が違うのだから、初対面のときからすこしずつ歩みより、わかり合い、共通の部分をつくりあげながら、距離を縮めていく過程がどうしても必要なのだ。これは、男女関係にもそのままあてはまる。どのような場でもいい。たとえばダンスパーティ、酒の席などで、まず気に入った女性のできるどうしたら、彼女に近づけるかだけそばにすわる。挨拶をかわして、話しはじめたばかりのときは、いきなり相手のことを聞いたりせず、話題はそのとき集まっている人のことや、天気のこと、聞こえている音楽のことなど、とにかくその場に共通しているものにする。すこし肩の力が抜けたところで、自分の仕事や学校などの自己紹介をし、相手についても尋ねてみるといった具合に展開できれば、どこにも無理なく、自然に出会いを発展させることができる。それができないから困っているんじゃないか、という諸君にいい8参考書がある。テレビの青春恋愛ドラマである。もちろん、ハデすぎたり奇をてらった現実離れしたドラマもあるが、ストーリーより、そこに出てくるさまざまなタイプの男性の表情、話し方などをよく観察してほしい。そのなかの、いちばん自分に近い男性を捜し出し、自分ならそのときどういう話をし、どういう言い方をするかなどを疑似体験してみるのだ。タレントでいえば、ふつうなら石田純一さんや三上博史さんより、柳沢慎吾きんあたりが無難なところだろう。自分に合ったさりげない印象づけの仕方を勉強しておけば、いきなり素敵な女性に出会っても、自然にアプローチできるようになるはずだ。*近づきはじめた女性には、軽い挨拶や天気の簡などからはじめる*テレビの恋愛ドラマの男性の演技は、女性への接近法のいい参考になるここがもがう降|モテない男/:含!昧ある。だ彼女は、話をするのも相談するのもイヤになるモテる男・モテない男士、E霊霊霊草,、ウンウンHとうなずいて、閏き手巳まわる彼女は、いつでも相談を持ちかけられるu頼り!こなる男Hと思う日なぜ、ひとりよりも複数でいたほうが女性に近づきゃすいのか人は、一人ではしにくい異性への接近行動でも、集団になると自信がでてくる彼女がなかなかできない男性に共通していえるのは、女性を怖がっているということだろう。