相手に対して、市もうひとりの自分。を印象づけるチャンスでもあるのだ。*女性と会うときは、ロマンチックな演出のできるe夜*オフィスで戸をかけるとさは、階段やコピを選ぶといいl室などの申夜スポットを利用する・「--:デlタでわかる現代の恋愛心理①--:-若い女性は、男のこニにひかれる最近の若い男性は、きれい好きすぎると言われるくらい、身だしなみに気を追うようになった。これは、女性にとってひじようにうれしいことだ。女性はとにかく不潔感のあるものは敬遠する。いってしまえば、たとえ二枚目でなくても。湯あがりサッパリ。のような人に好意を示すのだ。アプリ 出会 で知り合った高校生・大学生の女の子を中心に、男の子に対する希望を聞いたところ。消潔感。。身だしなみする答えがひじように多かった。「清潔感をおしゃれの基本にしてほしい」「あぶらぎった肌の男の子は嫌い」「デトのまえにはシャワーを浴ぴてきてほしい」「ヘアスタイルを、ときどき.変えてほしい」などである。では、女の子がいう,清潔感とはいったい何か。…①口臭がしない八六・五%一②肌があぶらぎっていない七八・五%③フケがない七四・五%…④汗〈きくない七二・五%一⑤毎日シャワーを浴ぴている六ニ・五%(複数回答)となると、デトのまえの日に酒を飲みすぎて風呂にもはいらずに寝てしまい、朝っぱらから酒臭いなどというのは、最悪ということになる。少なくともシャワーくらいは浴ぴておいたほうが良さそうだ。かといって、身だしなみやおしゃれに気を遣いすぎると、。神経質すぎるのもあんまり好きじゃないと嫌われる。女心はひじようにむずかしいものなのである。…(資生堂調べ)に関-らどうLた今、彼女主3親くなれるか女性に自分の魅力を印象づけるためのM恋愛の心理同なぜ、好きな彼女と会うときは、自分の服装が気になるのか女性は、自分に合わせてくれた男性のさりげないおしゃれを、自分への誠意と受けとめる女性とデートするときに、自分の服装が気にならない男はいないだろう。ヘアスタイルから靴まで、鏡のまえで十分にチェックしてから、彼女に会いに出かけるはずだ。ふだんは、おしゃれとはおよそ縁遠く、「朝シャンや男性用の化粧品など、男を堕落させるだけだ」と叫んでいる男でも、デートのときは、それなりにおしゃれに気をつかうのである。もちろんこれは、好きな女性に自分をよく思ってもらいたいという願望の表われであることはいうまでもない。「外見で人を判断してはいけない」とよくいわれるのです。

ナンパするときは、女の子の扱いのうまい男性や二枚目を連れていくと、より勉強になる”なぜ、昼のデートより夜のデトのほうが親密になりやすいのかふだんの生活とかけ離れた場所ほど、。ふっ、つの関係。も。特別な関係と感じやすい「今度飲みに行こうよ」という誘いは、いまではごく当たり前のことなのだが、昔は、せいぜい「お茶でも欽みませんか」だった。夜のデトにいきなり女性を誘うなんてことは、大胆きわまりない行為でさえあった。ところが、最近は、ちょっとオシャレな居酒屋やパーでは、女性の数に圧倒されてしまうくらいだから、抵抗なく、いきなり夜のデトにも誘えるようになったのであろう。太陽が光り輝く昼を日常とするならば、陽が沈んで聞に閉ざされた夜は非日常ということになる。それほど、夜には神秘的でロマンチックな雰囲気があるのだ。その証拠に、エレベーターや密室などの狭い空間で、突然停電が起こった場合、聞のなかでは自分のすぐ隣りにいた人に親近感を持ちやすいという実験結果があるくらいだ。何もかもが自由なように感じられる現代でさえ、恋愛というものには多少のうしろめたさがある。夜のネオンや閤は、その理性を取り去って、うしろめたさをなくしてくれるのだ。だから、やはり「お茶」よりも「飲みに行こう」のほうが二人のデトもうまくいく。夜の非常性のため、。ふつうの関係も8特別な関係。と感じられるので、昼間にははいりにくいホテルも、夜ならはいれどうしたら、披女に近づけるかるのである。このように、たしかに夜の非常性は二人をロマンチックにさせてくれるのだが、昼の世界にもこうした非日常的な空聞がある。遊園地や映画館などがそのいい例である。もっと生活範囲レベルでいえば、公の場であるオフィスのなかにも隠された非日常的な空間がある。エレベーターやコピ!室、給湯室や階段などがそうである。彼女をデトに誘うなら、こうしたオフィスのなかのH夜スポット。を利用することだ。日ごろは何も感じていないPふつうの関係も、。特別な関係。と感じやすいので、誘いにものりやすくなる。るのよ」とやっつけられるのがオチだ。その点、オフィスでの仕事中に「今夜時間ある?」などと誘っても、昼の理性に「何パカ言って昼間の。夜スポット。を利用して彼女を誘うのに成功したら、今度は夜の聞を味方に彼女を口説けばいい。「五時まで男と五時から男」ではないが、昼間オフィスで会っているだけではわからない意外な素顔を、夜なら、彼女に垣間見せることもできる。

たしかに女性に近づくのはだれしも勇気がいるし、声をかけてニべもなく断わられたらいやだと思うのは当然のことだ。とくに若いころは自分に自信もないから、必要以上に臆病になりやすい。だからといって何もしなければ、いつまでたっても彼女はできず、幸せそうな友人たちを指をくわえてみているだけとなる。自分一人で女性に近づくのが怖ければ、異性への接近行動、ひらたくいえばナンパをするときは、自分の弱きを補うために、徒党を組むのが効果がある。集団に身を投じることで、安心感が得られ、その集団の強さを自分の強きにできるのだ。むずかしくいえば、集団と自分との,自己同一化。である。その結果、自分の能力をはるかに超えたカを得られるというわけだ。この集団心理は声をかけられる女性の側にもいえる。一人では不安でも、集団なら、女性も「ついて行ってみょうか」という気分になる。実際に六本木を三十分歩いてみればすぐにわかるように、集団と集団はひじようにくっつきゃすいという現実がある。どうしたら、彼女に近づけるか集団で、ナンパをするときには、自分と同じく女性に縁がない友人、パッとしない地味な友人やとばかりで行くのではなく、一人でいいから女性にモテそうな二枚目を入れておいたほうがいい。そうすれば集団全員がその二枚目のレベルの評価を受け、集団の魅力レベルが増すのである。ただ、集団でのナンパは、あくまで恋愛の入門編というべきで、いつかは、卒業するものと考えたほうがいいだろう。そもそもナンパは遊ぴが前提なわけだから長続きしないことが多く、あくまでたまたまという気分が抜けきれない。だから、恋愛に発展するまえに終わってしまう可能性が高いのだが、いきなり恋愛を考えずとも、楽しいときを女性とすごせたということで、すこしは自信と慣れが生まれてくるに違いない。女性と話すことが苦手でも、場数を踏むほどにそのコツがわかり、女性に対する恐れもなくなるはずである。ナンパの次なるパターンは、女性の扱いのうまい男性と二人で出かけることである。集団の強さはないが、集団よりもはるかに勉強になる。店の選び方、話題の持たせ方など、とにかく女性の気をそらせないノウハウを直接学ぶことができる。プロ野球の投手でも、ブルペンで十分に屑をならしてから登板する。遊ぴが前提のナンパでも、おおいに恋愛の役に立つのである。*一人で女の子に近づくほど度胸がないときは、集団でナンパして経験を積むのがよい。

まず挨拶からはじまって、共通の知り合いの話や世間話などをして、信用できる人聞かどうか、今後つきあっていってもいい人聞かどうかをたがいに探り合うものだ。人間関係にはか距離の法則。というようなものがある。おたがいに、生まれ育った環境や現在おかれている状況が違うのだから、初対面のときからすこしずつ歩みより、わかり合い、共通の部分をつくりあげながら、距離を縮めていく過程がどうしても必要なのだ。これは、男女関係にもそのままあてはまる。どのような場でもいい。たとえばダンスパーティ、酒の席などで、まず気に入った女性のできるどうしたら、彼女に近づけるかだけそばにすわる。挨拶をかわして、話しはじめたばかりのときは、いきなり相手のことを聞いたりせず、話題はそのとき集まっている人のことや、天気のこと、聞こえている音楽のことなど、とにかくその場に共通しているものにする。すこし肩の力が抜けたところで、自分の仕事や学校などの自己紹介をし、相手についても尋ねてみるといった具合に展開できれば、どこにも無理なく、自然に出会いを発展させることができる。それができないから困っているんじゃないか、という諸君にいい8参考書がある。テレビの青春恋愛ドラマである。もちろん、ハデすぎたり奇をてらった現実離れしたドラマもあるが、ストーリーより、そこに出てくるさまざまなタイプの男性の表情、話し方などをよく観察してほしい。そのなかの、いちばん自分に近い男性を捜し出し、自分ならそのときどういう話をし、どういう言い方をするかなどを疑似体験してみるのだ。タレントでいえば、ふつうなら石田純一さんや三上博史さんより、柳沢慎吾きんあたりが無難なところだろう。自分に合ったさりげない印象づけの仕方を勉強しておけば、いきなり素敵な女性に出会っても、自然にアプローチできるようになるはずだ。*近づきはじめた女性には、軽い挨拶や天気の簡などからはじめる*テレビの恋愛ドラマの男性の演技は、女性への接近法のいい参考になるここがもがう降|モテない男/:含!昧ある。だ彼女は、話をするのも相談するのもイヤになるモテる男・モテない男士、E霊霊霊草,、ウンウンHとうなずいて、閏き手巳まわる彼女は、いつでも相談を持ちかけられるu頼り!こなる男Hと思う日なぜ、ひとりよりも複数でいたほうが女性に近づきゃすいのか人は、一人ではしにくい異性への接近行動でも、集団になると自信がでてくる彼女がなかなかできない男性に共通していえるのは、女性を怖がっているということだろう。

フィラデルフィアで行なわれた調査によれば、結婚許可証を求めた時点で、カップルの四組に一組は、同じ市内の近接するこプロック以内に住んでいたという。相手との距離の大ききと結婚成立数は、どうやら反民例する関係にあるらしい。石坂浩二の『スーパーアイ』というテレビ番組で、ちょっと変わった実験が行なわれたことがある。男性ひとりと二人の女性、あるいは女性ひとりと二人の男性でしばらく雑談してもらい、どっちのどうしたら、彼女に近づけるか相手に好感を持ったかをたずねるという内容のものだった。ただし、話し相手となる二人の女性や男性はそれぞれ距離を変えて、近くの席と遠くの席に座っている。その結果、いずれの場合にも近くにいる相手を好ましいと思ったという。つまり、単純に近くにいるというだけで、男女の仲は近くなるのである。こうしたデタを参考にすれば、おのずと作戦は決まってくるだろう。アタックしたい彼女と同じクラブにはいったり、同じクラスなら隣りの席に座ったりするのはもちろんのこと、同じ沿線へ引っ越すくらいはしてみてもいい。朝夕の通学や通勤で毎日のように同じ車両に乗りあわせていれば、イヤでも親近感が生まれてくるというものだ。飲み会などで遅くなったときは、二人っきりの時聞がより長く感じられるだろう。また、コンパの席などでも、意中の彼女の近くの席をとるようにすることだ。恋愛感情は鉢植えの花のようなもので、毎日水をやらなければ枯れてしまう。いつも近くにいて毎日のように顔を合わせてこそそこから恋愛の花が咲くことだってあるのだ。遠く離れて、たまに会うだけでは、意中の女性を近くにいる男性に奪われかねない。*意中の女性ともっと親密になるには、思い切って敏女と閉じ沿線に引っ越してみる*コンパなどでは、なるべく彼女の近くに席をとるようにして彼女との距離を近づけ、話しかけるロなぜ、自分のことをいろいろ打ち明けても、彼女はのってきてくれないのか人は、好意をもっている相手でも、最初のうちは距離をおこうとする素敵な女性にめぐり会ったとたん、それだけで舞い上がってしまったことはだれにでもあるだろう。ひたすら押しつけがましく自分を売り込み、いきなり電話番号を聞き出そうとして嫌われてしまう男性も少なくない。そういった男性の気持ちはわからないではないが、これは性急にすぎるというものである。仕事をするとき、初対面なのにいきなり、これはいくら、こんなサービスもつきますと商談にはいる人はいないだろう。